蒋少敏 外科主治医師

肩書き

外科主治医師

科室

沃德外科

国籍

言語

中国語,英語

医師の紹介

14年間外科臨床経験があり、外来外科で通常の治療と手術、及び急性の腹痛の診療に熟練している。特に、腹腔鏡手術に長けている。例えば、腹腔鏡胆嚢摘出、腹腔鏡徴用突起摘出、腹腔鏡下ヘルニア補修、腹腔鏡検査等では低侵襲治療で患者さんの苦痛を取り除き、ほとんどの場合、1~2日の経過観察後に退院できます。

仕事情景

To Top